妊娠中と出産時の筋力低下

妊娠中と出産時の筋力低下

妊娠中はどうしても妊娠前より運動不足になり、大きく筋力が落ちます。
出産後もすぐにその筋力が戻る訳ではないので、これが産後の便秘の原因になります。

 

産後しばらくして落ち着いたら少しずつ筋力を戻しましょう。
いきなり激しい運動をするのではなく、ストレッチなどの軽い運動から始めます。

 

 

また、出産時に強くいきむと肛門括約筋が傷ついたり、働きが弱まります。
肛門括約筋は肛門を開閉する為の筋肉なので、ここの筋力が低下すると排便しづらくなったり、逆に漏れてしまったりします。
出産には付き物なので、恥ずかしがらずに産婦人科や肛門科に相談に行きましょう。

会陰切開の傷が怖い

出産時の会陰切開の傷が気になって便意を我慢し、便秘になってしまう人が居ます。
確かに排便時に力むと傷が開いたり、傷に響いて痛んだりしそうですよね。

 

しかし、実際には会陰と肛門は別の場所なので、その可能性は低いです。
我慢し過ぎると便秘が慢性化する恐れがあるので、便意を感じたら我慢せずにトイレに行きましょう。

赤ちゃん優先で便秘に

授乳は母体から多くの水分を奪うので、水分補給を意識しないと慢性的な水分不足から便秘になります。
授乳期間中は今まで以上にこまめに水分を摂る様に心がけましょう。

 

また、育児に慣れないうちはなかなかトイレに行きづらく、これも便秘の原因になります。
動かないうちはずっとだっこしていないと泣いてしまったり、動く様になったら予測不能な動きで目が離せなかったりしますからね。
赤ちゃんを抱いたままやほったらかしでトイレにこもる事が出来ず、せっかく便意を感じたのに我慢してしまいます。

 

しかし、赤ちゃんのお世話をするママが体調不良になるのは赤ちゃんにとって1番良くない事です。
パパや家族に育児の協力を仰ぎ、便秘はもちろん全体的な体のケアを怠らない様にしましょう。

ココが凄い

読書で集中できないといえば本を開いて目で文字を追うもの、と思い込んでいる人も多いだろう。しかし、耳で音を聴く読書の形もある。それが「オーディオブック」だ。

健康関連リンク

どうやってペニスを大きくすればいいの?ペニス増大サプリの選び方について詳しく解説しております!